2019年02月18日

平成30年度各地区民協合同研修会

2月18日(月)芦別市民生委員児童委員協議会の各地区民協合同研修会が総合福祉センターで開催されました。

今年の研修テーマは「北海道胆振東部地震から考える日頃の備え」

平成30年9月6日に発生した北海道胆振東部地震では、芦別市は過去にない震度4を経験しました。今回の災害を踏まえ芦別市総務部総務防災係の菊崎氏から、災害が起きた時の行動や日頃の備えについて講話を頂きました。

IMG_0029.JPG



実習では、段ボールベッド・簡易ベッドの組み立て方を体験しました。

まずは段ボールベッド。

段ボールの中に「Z字」で仕切りを入れると耐久性が強くなります。

IMG_0040.JPG

完成した段ボールベッドです。約100sまでは耐えられるとのことです。

IMG_0054.JPG


続いては、簡易ベッド。

キャンプでも使える簡易ベッド。ベッドを広げて棒を差し込むだけで完成ですexclamation×2
約200sまでは耐えられるとのことです。

IMG_0035.JPG


災害が起こった時にも慌てないために、日頃からの備えが大切なことを学んだ研修となりました。

(なかし)
posted by 芦別市社協 at 17:20| 団体事務局